第105回YBBL秋季大会組合せ

大倉山ライガースは第9ブロック。初戦、対戦相手は金沢イーグルスに決まりました。

会場:平安球場/入船小学校
ybbl秋

 

7/17 高校野球神奈川大会観戦

7/17 高校野球神奈川大会観戦
■日時:2016年7月17日(日)
****************************

チームOBの試合を観戦しました。
高校生の先輩たちのプレー、勉強になったかな?
大和03
大和01 大和02

 
関連記事

7/10 樽町カップ ティーボール大会

7/10 樽町カップ ティーボール大会
■日時:2016年7月10日(日)
■場所:樽町グラウンド
*****************************
このところずっと練習頑張って、チームとしてもまとまってきました。
いよいよ大会本番です。
試合前0001 試合前0002

第1試合 ●大曽根ライガース 1-6 ブラックシャーク〇
第1試合0001 第1試合0002
第1試合0003 第1試合0010 第1試合0006
第1試合0007 第1試合0008 第1試合0009
第1試合0014 第1試合0011 第1試合0012
第1試合0013 第1試合0004 第1試合0005

第2試合 〇大曽根ライガース 9-4 新吉田スターズ●
第2試合0003 第2試合0004 第2試合0005 第2試合0001
第2試合0002 第2試合0010 第2試合0006
第2試合0007 第2試合0008 第2試合0009
第2試合0011 第2試合0012 第2試合0013
第2試合0014 第2試合0015

第3試合 ●大曽根ライガース 0-4 綱島リバース〇
第3試合0005 第3試合0001 第3試合0002 第3試合0003
第3試合0004 第3試合0010 第3試合0006
第3試合0007 第3試合0008 第3試合0009 第3試合0013
第3試合0014 第3試合0011 第3試合0012 第3試合0015

第4試合 〇大曽根ライガース 9-2 下田レインボー●
第4試合0005 第4試合0001 第4試合0002 第4試合0003
第4試合0004 第4試合0010 第4試合0006 第4試合0007
第4試合0008 第4試合0009 第4試合0011 第4試合0012
第4試合0013 第4試合0014 第4試合0015


結果は2勝2敗。頑張りましたが順位決定戦には進めませんでした・・・。
それでも冬の大会では勝てなかったから、着実に進歩してきています。
頑張って練習してきた成果だね。
試合後0001 試合後0002

お疲れ様でした!!


 

7/10 ≪速報≫樽町カップ ティーボール大会

■日時:2016年7月10日(日)
■場所:樽町グラウンド
*****************************
第1試合 ●大曽根ライガース 1-6 ブラックシャーク〇
第2試合 〇大曽根ライガース 9-4 新吉田スターズ●
第3試合 ●大曽根ライガース 0-4 綱島リバース〇
第4試合 〇大曽根ライガース 9-2 下田レインボー●

2勝2敗、頑張りましたが順位決定戦には進めませんでした。


 

7/3 第9回 横浜DeNAベイスターズ旗争奪少年野球大会 1回戦

第9回 横浜DeNAベイスターズ旗争奪少年野球大会
1回戦中央イーグルス

■日時:2016年7月3日(日)
■場所:上品濃グラウンド
*****************************
大曽根ライガース 1100 | 2
中央イーグルス  2341x|10

午後になってもとても蒸し暑い中での、久しぶりの公式戦。練習の成果は発揮できるか?
00試合開始

初回1番タイシが、センターの横を抜いて先頭打者ランニングホームラン!!
その後4番タカヒロがヒットを打つも、得点にはつながらず。タカヒロはこの試合2安打2盗塁と奮闘。
01たいし 04タカヒロ 21タカヒロ走塁

ピッチャーは先発タイラ、2回途中から2番手タカヒロ登板。
22先発 232番手

攻撃はその後2回に1点はかえすものの、以降つながらず得点ができない。
02レオ 03ヒロキ 05タイラ 06ケイタロウ
07シュンク 08ユカ 09ハヤト 10やまちゃん
11マオ 12ナオ 13キョウタ

攻撃も守備も全体的にミスの多い試合となり、結果的に大差での敗戦となりました。
ミスも技術的なものというよりも、集中力が欠けていたり、準備ができていなかったりとそれ以前の問題。

夏前の公式戦はこれで終了。
練習試合の中でも感じていましたが、ほかのチームもどんどん成長してきている中、今のままでは試合に勝つことは難しい状態です。
残り少ない時間の中で、これから自分は何を目指すのか、そしてこのチームをどうしていきたいのか、選手同士で考えないと。
そして夏の間にどれだけ成長できるか。これからが踏ん張りどころです。

 
関連記事