指導者研修会 報告

港北区少年野球連盟 指導者研修会
日時:4月23日(土)19:00~21:00
場所:港北公会堂
1部/スポーツ栄養食
2部/応急処置施行者であること
    /インナーマッスルを鍛える

1部/
子供に必要なエネルギーの50%はご飯などで食べることが望ましい。
50%をおにぎり100gにした場合、1日に何個食べるかというと…

6~7歳→約5個
8~9歳→約6個
10~11歳→7~8個
12~14歳→7~9個

ご飯100g=食パン6枚切1枚=パスタ(乾麺)50gに置き換えられる。

スポーツ栄養食は…
穀類→主食
肉/魚/卵/大豆→いずれか主菜は2つ
野菜→副菜は5種類
果物
乳製品
の毎食5つ食べましょう。
+必ず汁物(牛乳でも可)

果物を毎食摂取する事で子どもは骨を育てる。(大人はガン予防)
生野菜が食べられなくても果物を食べればOK!

ただし、りんご・ブドウ・バナナなどは、他の食事バランスを考慮しないと
糖類のとりすぎになるので注意!

骨密度のピークは
男14歳、女12歳

鉄分を摂る
鉄分の働きは酸素を体や頭に運びます。
不足すると…体がだるくなったり貧血が続く。
貧血による頭痛を頻繁に発症する大人は痴呆症になりやすいので要注意!

鉄分=ミネラルの多い食品を食べる

食事のトレーニングは
トレーニングの基礎!!

2部/
熱中症について
○対策→水分摂取はこまめに少量摂取する。
  常温摂取(氷で冷やしすぎダメ)
  帽子着用。白地の服装がよい。

○症状がでたら
  ・ベルトを緩め、体(腋、鼠径[ソケイ]など)を冷やす。
  ・身体がひえてしまったら、保温に努める。

○必要摂取なもの→水分・塩分(岩塩)・糖分
  (レモンにハチミツ、飴、氷砂糖)

病気と怪我について
○応急処置

○AEDの使い方
  (DVDとデモンストレーションで説明)

インナーマッスル
○インナーマッスルを鍛え、補助的な動作の能力を向上させる。

関連記事