FC2ブログ

2/16 平成30年度港北区送別大会

平成30年度港北区送別大会
準々決勝篠原イーグルス

■日時:2019年2月16日(土)
■場所:新横浜グラウンド
*****************************
● 大曽根ライガース    100000|1
○ 篠原イーグルス     14020×|7

①トックン②ヨシマツ③イシグロ④ヤマチャン⑤ユウスケ⑥シオン⑦タイチ⑧ジュノン⑨ショウタロウ
P=ヤマチャン→ユウスケ→ヨシマツ  交代=ジュノン→ユウト

送別大会準々決勝!
初回、ヨシマツ四球からイシグロがタイムリーで先制!
しかしすぐに同点に追いつかれ、2回には連続ヒットからエラーも絡み4失点。ヤマチャンをリリーフしたユウスケも、4回に四球から2失点しリードを広げられる。
打線は期待の6年生がヒットは出るも繋がりを欠き、1回以降は無得点。残念ながら敗戦となりました。
6年生最後の試合。ケガもあってベストの布陣が組めなかったのは残念ですが、笑顔で少年野球を締めくくってくれました。
この1年、残念な敗戦で涙も多くありましたが、劇的な素晴らしい勝利の印象の方が上回る世代だっと思います。
新チームには今年に負けない野球を。そして6年生にはこの先も”ライガース魂”を忘れずに頑張って欲しいと思います。  

2/16 ウインターリーグ 折本クーパーズ戦

ウインターリーグ
折本クーパーズ

■日時:2019年2月16日(土)
■場所:折本小学校
*****************************
●大曽根ライガース    000000|0
○折本クーパーズ     520086|21

①シオン②ジュノン③ユウスケ④タイチ⑤ショウタロウ⑥ルイ⑦ユイト⑧トウマ⑨イッセイ
P=シオン→ユウト 交代=ユウスケ→ハルキ タイチ→イワミ ショウタロウ→コテツ ユイト→カナタ→タイガ トウマ→ユウト→クボタ イッセイ→コウタロウ

序盤から相手打線につかまり、守備のミスも重なり失点を重ねる。
中盤からは下級生の出番となり、大差となりましたが1・2年生には良い経験になったでしょう。
打線はスイング鈍く、バントミスがまたも有り。練習しましょう・・・  
関連記事

2/11 平成30年度港北区送別大会

平成30年度港北区送別大会
1回戦富士塚レディアンツ

■日時:2019年2月11日(月)
■場所:新横浜グラウンド
*****************************
● 富士塚レディアンツ    100|1
○ 大曽根ライガース     0101×|11

①トックン②ヨシマツ③イシグロ④ヤマチャン⑤ユウスケ⑥シオン⑦タイチ⑧ジュノン⑨ショウタロウ

6年生と一緒に試合をするのもこれが最後です。
初回先制を許すも、2回の攻撃で打線が奮起!相手ミスにも乗じて順調に加点。トックンのタイムリーと、満塁からヤマチャンの走者一掃の三塁打も飛び出し、一挙10得点の猛攻。
3回に1点を追加しこの回でコールド成立。見事準々決勝進出です。  

2/10 ウインターリーグ 茅ヶ崎東ファイヤーズ戦

ウインターリーグ
茅ヶ崎東ファイヤーズ

■日時:2019年2月10日(日)
■場所:茅ヶ崎東小学校
*****************************
○茅ヶ崎東ファイヤーズ   3010030|7
●大曽根ライガース     0001020|3

①シオン②ジュノン③ユウスケ④タイチ⑤ショウタロウ⑥ユウト⑦イッセイ⑧ルイ⑨クボタ
P=シオン→ユウスケ 交代=イッセイ→ムク クボタ→ハルキ→トウマ

先発はシオン。初回からエラーが続き失点を重ねる。リリーフしたユウスケもエラーで走者を出すと粘り切れず、追加点を奪われる。攻撃も振るわず、甘い球を捉えきれない打撃が目立った。
3年生ハルキが実戦デビュー。打席では四球。守備走塁も無難にこなすなどまずまず。
次戦は守備陣の奮起と、集中力を持って好球必打を。  
関連記事

1/26 横浜市小学生野球選手権(小泉杯新人戦)

小泉杯新人大会 2回戦
オール上郷

■日時:2019年1月26日(土)
■場所:野七里第一公園
*****************************
●大曽根ライガース   3010 |4
〇オール上郷      1305×|9

①シオン②ジュノン③タイチ④ユウスケ⑤ショウタロウ⑥ユウト⑦ルイ⑧トウマ⑨イッセイ
交代=トウマ→ムク

1回表、
シオンとジュノンが連続四球。タイチがスクイズを決め先制後、相手ミスもありこの回3点を先制!
3-0

1回裏、
四球とエラーで走者を出すと、バッテリーエラーで1点を失う。
3-1

2回表、
トウマ四球とイッセイのヒットでチャンス広がるも、走塁ミスもあり無得点に終わる。
3-1

2回裏、
先発ユウスケはこの日制球に苦しむ。ストライクを取りに行った甘い球を痛打され、守備のミスも絡み逆転を許す。
3-4

3回表、
ユウスケが四球で出塁。ショウタロウとユウトが繋ぐと、ルイがスクイズを決め同点とする。
4-4

3回裏、
四球で走者出すも、何とか無失点に抑える。
4-4

4回表、
二死からジュノン四球とタイチがヒットで勝ち越しチャンスも、ユウスケ倒れ無得点。
4-4

4回裏、
先頭をエラーで出すとユウスケがここから踏ん張れず。流れを切れないままズルズルと5失点。
ここで制限時間となり試合終了。
4-9

攻撃面はまたも走塁ミスが改善されず、もらったチャンスを生かせませんでした。
守備は厳しい寒さと強風の悪コンディションでしたが、それは相手も一緒。投手野手共に、不慣れなグラウンドでもしっかりとした対応が出来る準備をして臨んでもらいたいです。